1. TOP
  2. よくある質問
  3. パーマ・カラー

FAQ | よくある質問と美容師の豆知識美容室に寄せられるパーマやカラーについての一般的な質問など

パーマ・カラーについて

Q.サロンカラーとホームカラーの違いは?
A.サロンカラーは美容師が使用することを前提で開発さています。ホームカラーは一般のお客様向けに開発さています。その大きな違いは、ホームカラーは誰が染めてもある程度キレイに染まるように薬剤が配合されています。サロンカラーは髪への負担・痛みが最小限になるように美容師が薬剤の配合を選べます。カラー剤の塗り方も塗り分けができますので、髪にかかる負担を最小限に抑えることができます。毎回、髪全体のカラーをしていると負担が大きくかかってきます。美容室では根元が伸びてきたところだけ染めたり、毛先も負担を最小限にする薬剤配合ができます。
Q.おしゃれ染めと白髪染めの違いは?
A.ヘアカラー剤の仕組みとしてはほぼ同じです。色素の濃さが違うと考えてください。詳しく言えば配合色・基材に違いはありますが、白髪染めでも最近はある程度明るくできます。色味もいろいろ楽しめますので、ぜひスタッフにご相談ください。
Q.ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは?
A.ヘアカラーは酸性染毛料。髪の毛のメラニン色素を分解して脱色するのと同時に染料どうしを髪の内部で作用させるのでしっかり染まります。ヘアマニキュアは酸性染毛料、髪の内部で作用することはなく表面に作用し、染料を髪にくっつけて染めていきます。髪の色を明るくすることはできませんが、髪が傷むことなく手触りが良くなり、疑似的にハリ・コシがでます。
カラー剤の種類特徴
医薬部外品(染毛剤)永久染毛剤(酸化染毛剤)ヘアカラー、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラーなど成分によってかぶれることがある。
明度アップが可能。
白髪染めから明るいおしゃれ染めまで対応。
毛髪にややダメージがかかる。
脱色剤・脱染剤ヘアブリーチ、パウダーブリーチ、ライトナーなど毛髪を明るくする。
染料が配合されていない。
メラニン色素の分解。
毛髪ダメージが大きい。
化粧品(染毛料)半永久染毛剤(酸性染毛剤)ヘアマニキュア明度アップできない。
毛髪ダメージがない。
地肌が染まりやすい。
シャンプーごとに色落ちする。
一時染毛剤カラースプレー一時的染着。
毛髪ダメージがない。
シャンプーで落ちる。
Q.ヘナカラーとはどういったものですか?
A.ヘナとは天然成分でできたものです。頭皮・肌が弱い人・髪にダメージを与えたくない人へオススメです。天然成分(自然の植物)からできているので、髪・頭皮に安全というのがメリットです。ただし、色味がオレンジ~赤みにしかならない、髪を明るくすることができない、時間がかかるなどのデメリットがあります。とくに化学物質(ジアミン配合など)の純度100%でないヘナもありますのでお気を付け下さい。ちなみに当店ではヘナの取扱いはございませんのでご了承ください。
Q.黒染めを明るくするには?
A.ブリーチによって、黒染めによる髪に残っている染料を取り除きましょう。ブリーチで何回か繰り返して染料を除いていくので髪はかなり傷みますので、黒染めするときはよく考えてからすることをオススメします。
Q.普通のパーマとホット系パーマ(デジタルパーマ)の違いは?
A.普通のパーマの場合、濡れている時にカール・ウェーブがしっかりでます。ホット系パーマ(デジタルパーマ)の場合、乾いた時にしっかりカールがでます。もちろん作業工程も違いますので、普通のパーマで約2時間、デジタルパーマで約3時間ほどかかります。コテで巻いたような大きめカールをご希望の方はデジタルパーマ、ウェーブスタイルがご希望の方は普通のパーマがおすすめです。ご希望のスタイルによっても変わってきますのでご相談ください。
Q.普通のストレートパーマと縮毛矯正のストレートパーマの違いは?
A.普通のストレートパーマはかけているパーマを落としたり、多少のボリュームダウンをするときにします。くせ毛は伸びないので、くせ毛が気になる方は縮毛矯正のストレートパーマになります。
Q.パーマ後、当日にシャンプーしてはダメですか?
A.パーマをかけた毛髪は空気中の酸素に触れ、酸化作用によって定着していきます。当日シャンプーをしてしまうとパーマの持ちやかかりが悪くなってしまう可能性があるので、最低でも24時間は空けてからシャンプーをして頂きたいところです。パーマ・カラーの同時施術を避けるように言うのは同じ理由と、髪に負担がかかってしまうという理由でなるべく避けるようにしましょう。